番外編 ~内臓整体と出会ったあの日を振り返る~

未分類

 

 

 

オープン準備の合間にぼくが今施術に使っている

「内臓整体」を習得するまでのブログを書きます( `ー´)ノ

内臓整体って何?という方がほとんどだと思いますので、どんな効果があるのかも説明していこうと思いますので1度読んでみてください(^^)/

 

いろんな治療を試しても治らなかった腰痛

 

 

まず僕自身が、重度の腰痛に悩まされていました。

腰痛は高校1年生の冬から始まり約10年(・_・;)

本当に本当にいろんな整骨院にいって治療をしました。

マッサージ 電気 超音波 微弱電流 レーザー治療 

などなどいろんな治療を試しても一向に良くならず、

もはやこれまでとあきらめていました<m(__)m>

 

その結果、自分の中で何をしても治らないというイメージがこびりついてしまっていました。

 

 

縁があってプレセミナーへ

 

接骨院で5年働き、自分の腰痛と闘いながらひたすらマッサージを繰り返す日々の中縁があり

「内臓整体」のプレセミナーに参加させていただきました!

 

最初は内臓整体???

どんなことをやるんだろう?

内臓を体の外から触るのかな??

と不安な気持ちでした。

 

会場に着くとまず自分の腰痛について聞いてもらいました。

問診と体の状態をよく確認しながらの結果大腸に負担がかかっており、さっそく調整をしていただきました。

長年の効果がなかった治療により何をしても効果はないだろうと完全に疑っていた僕ですが

腰には全く触れない調整で腰の痛みが改善したのです( ゚Д゚)!!!

本当ににびっくりしました。

 

と同時に自分の知識のなさも痛感した日でもありました。

 

その日からは週末を利用してセミナーや勉強会に参加し、マッサージでは効果が出なかった患者さんの症状を改善することができるようになってきました。

 

 

神ハンドといわれる先生の技術を得るにはまだまだですが、日々学んで毎日技術を磨いています。

 

 

内臓整体ってなんなの?

 

内臓整体の説明をわかりやすくしてみようと思います。

 

ここでは

長年肩が上がらず、痛みで悩んでいるAさんがいたとします。

Aさんの肩の症状の原因を調べてみるとそれは

「肝臓」でした。

 

人間の体は「内臓体壁反射」といって、ある内臓が固くなると関連している筋肉も固くなるという反射反応があります。

 

肝臓が固くなった場合、肩甲骨の内側にある筋肉で肩を上げるためには重要な「菱形筋」が固くなってしいます。

つまり肩が上がらないのは肩甲骨の筋肉が固くなっているせいなのですが、おおもとの原因は「肝臓」にあるということになります。

そこで肝臓の負担をとる調整を行えば、肩甲骨の筋肉が緩み、肩も上げることができるようになります☆

 

他にも、内臓は負担がかかると重くなり下垂してしまうのですが、内臓の圧迫や筋肉の膜をかいしてさまざまな影響がでてきてしまいます。

 

症状を改善するためには「内臓」まで原因を探ることは重要なのですが

一般的には内臓までの原因がわからない場合が多いのです(・_・;)

 

ながお整体院ではしっかりと検査をして、症状の改善に努めます。

痛みでできなかったこと 行きたかったところはありませんか?

 

あなたもながお整体院で本当の原因を見つけてお悩み解決しませんか?☆

 

予約可能です(^^)/

 

4月3日のオープンです。

 

LINE@ ネットから予約可能です!!!

クーポンをお持ちの方はぜひこの機会にご利用ください(^^)/

クーポンをお持ちでない方もLINE@ご登録でお配りしております。

 

現在4名の方にご予約いただいております。

 

「あなたと向き合い笑顔にする整体院」

ながお整体院へ

ご来院お待ちしております(^_-)-☆

 

 

コメント