交通事故 胸部打撲 エアバック外傷 ハンドル外傷

未分類

 

交通事故で胸部を打撲、骨折する原因を解説します。

 

ハンドルに胸部が打ち付けられる

 

正面衝突や電柱などに車をぶつけた場合、ハンドルに胸部を打ち付け損傷を起こすことがあります。

また、シートベルトをしていない状態ではドライバーは衝撃により、頭をガラスに打ち付ける場合があります。

 

エアバックによる外傷

 

本来エアバックは人間の命を守るために作られたものです。

しかし、事故の衝撃でエアバックが作動するときにその衝撃で胸部を損傷することがあります。

 

 

胸部の損傷は、たんなる打撲として診断されることが多くあるのですが、胸部の損傷によるしびれ、体の不調が現れることがあります。

事故直後に痛みや異常がなくても、必ず医療機関の診察を受けるようにしましょう。

事故の怪我は、その衝撃により全身の歪みを引き起こし痛みの原因となることが多くあります。

 

事故にあわれた際にはご相談お待ちしております。

 

 

コメント