交通事故 むち打ち

未分類

 

交通事故にあったとき一番受傷しやすいのが

「むち打ち」です。

 

むち打ちはすぐに症状が現れないこともあり、大丈夫だろうと思ってしまうと後から様々な症状の引き金になることもあります。

 

むち打ちとは

むち打ちとは首の骨に衝撃が加わることで起きるもので

主に後ろからの衝撃(追突)により受傷することが多いです。

病院などでは「頸椎捻挫」とされます。

大きく

●捻挫

●神経損傷型

●自律神経障害

●脊髄損傷

に分かれ、捻挫の症状であれば

首の痛み

肩甲骨の痛みや張り

腕や手の痛みやしびれ

首が動かない

などの症状があり

 

神経に損傷または障害を起こしている場合は

耳鳴り

上肢の感覚異常

めまい

頭痛

重度のしびれ

 

などの症状が現れます。

 

むち打ち(交通事故)を受傷したら

自覚症状がなくても病院で検査してもらう。

レントゲンを撮り、首の状態をよく確認する。

揉んだり、たたいたりはしない。

引っ張らない。

当院では、神経に損傷のない状態のむち打ちに対する施術を行っております。

 

 

 

むち打ちは首だけではありません

 

むち打ちは首に対する大きな力が加わり受傷しますが、その際背中や腰、足の筋膜を強く引っ張ります。

主な症状は首に現れますが、足、腰、背中などの固さをとらないと完治することはありません。

 

当院では、事故の状況などを詳しくお聞きしながら施術していきます。

交通事故にあわれた際は1度ご相談ください。

 

 

コメント