交通事故 しびれ

未分類

交通事故後の後遺症の一つに「しびれ」があります。

 

交通事故にあったあと、適切な処置がなされなかった場合、

手のしびれ 指先のしびれ 握力の低下 感覚の異常

などが出ることがあります。

 

しびれの原因は?

①骨折によるもの

事故により骨折(主に腕)してしまった場合、神経や血管に合併損傷が起こると、異常感覚や運動障害と共に、指や手にしびれが起こることがあります。それがそのままにしてしまうと後遺症として残ってしまう可能性があります。

 

②腕の神経(腕神経叢)の損傷によるもの

腕神経叢とは、脇の下の奥にある脊髄から出た太い神経のことで、主に腕を動かすための命令や、腕の感覚の情報を伝えるという役割を果たしています。その腕神経叢が損傷してしまうと、腕の運動に麻痺が生じたり、首から手にかけてしびれの症状が現れることがあります。鎖骨部の打撲、骨折、肩の脱臼などが原因となって起こることもあるそうです。

 

③胸郭出口症候群によるもの

胸郭出口症候群とは、首と胸の間にある神経の束のことで、筋肉や骨により神経や血管が圧迫され、腕のしびれが起こることです。腕と手の小指側にかけてのしびれが起こります。他に、腕の筋力低下や、首・肩・腕の痛みといった症状も現れます。

 

④むちうち

むちうちは、首が前後にしなるように衝撃が加わったことで起こる首の骨の関節の損傷です。首がの痛み、、頭痛・吐き気・耳鳴り・めまいといった症状と合わせて、腕や手がしびれるという症状も現れます。

⑤頸椎損傷ヘルニアによるもの

椎間板が頸椎の場所から飛び出し、それにより痛みなどの症状が生じます。交通事故が原因で起こることも多くあり、注意が必要です。椎間板が神経を圧迫すると、首~腰にかけてのしびれや痛みが発生してしまいます。圧迫する神経の部位によっては、手や腕にしびれを感じることもあるでしょう。

 

⑥脊髄損傷によるもの

脊髄損傷は、脳から出る太い神経(脊髄神経)が損傷し、感覚機能や運動機能に障害が起こる状態のことです。脊髄を損傷してしまうと、基本的には体全体のマヒが発生します。軽傷であれば、手足のしびれが現れます。、損傷の程度により、後遺症の状態が変わってきます。

 

⑦脳の損傷によるもの

交通事故で頭部を強く打った場合など、脳に損傷を負ってしまう可能性があります。特に硬膜下血腫、脳挫傷の場合には、後から症状が現れることもあります。その症状としては、頭痛やめまい、吐き気などと同時に、手や足のしびれ感じることもあります。

 

 

ながお整体院では、胸郭出口症候群 むちうち損傷が原因となる「しびれ」の施術をおこなっております。

 

交通事故が大変多い時期になりますので、気を付けて運転に臨んでください。

事故にあわれた場合はながお整体院までご相談ください。

コメント