きのう何食べた

その他の症状

 

 

明けましておめでとうございます(^^)/

お正月も終わり、明日からお仕事の方も多いのでは?

 

ところで皆さん「きのう何食べた」?

 

年末年始、お正月、忘年会、新年会

暴飲暴食していませんか???

 

よく「内臓に負担がかかるから注意」とかってみみにしますよね?

 

なぜ食べ過ぎて内臓に負担がかかることが痛みにつながるの?

 

長々としても説明をつまらないですよね?

なのでシンプルに説明します。

例えば、重いものを持つために腕の筋肉を使いますよね?

使っているうちに腕の筋肉疲れてきますよね?

使いすぎて疲れがたまると腕の筋肉が固くなってきますよね?

 

 

内臓も同じです。

食べ過ぎて胃にたくさん食べ物が入ってきますよね?

その食べ物を消化するために胃が働きますよね?

胃もお腹の中にあるだけで一種の筋肉なので、使えば使うほど疲労がたまって固くなります。

 

腕も胃も使えば使うほど、疲労がたまって固くなる!!!

 

じゃあなんで、外の筋肉だけを施術するの?

 

 

疲れた内臓もほぐしましょうよ!

 

内臓を直接ゆるめるには「内臓整体」です!!!

 

お腹をもむ「腸揉み」とはちがいます。

 

内臓整体は

アメリカのミズーリ州のカークス在住の医師

アンドリュー・テイラー・スティルさんによって創設された療法

 

「オステオパシー」を元にした技術になります。

 

アンドリューさんが創設したことは今知りましたが・・・・(;^ω^)笑

 

とにかく

新しい年を快適に迎えたい方はぜひ、ながお整体院へ

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメント