実録 ファ○リーズの恐怖?!

健康

 

 

みなさんこんにちは!今日はみなさんの身近にあるもので、実は体に悪い影響を与えているかもしれないものについてご紹介していきます。

それはある日のことです。いつものようにファ〇リーズを部屋にシュッシュッとまいていたとき、誤って思いっきり吸い込んでしまったんです。その瞬間一気に咳き込んでしまいそれはひどい目にあったんですよ((+_+))それでふとこれは何かのアレルギーかなと思い裏面に表示されている成分を調べてみたんです。

まず、ファ〇リーズの成分は

このようになっており、よく目にするのが

トウモロコシ由来消臭成分

というもの。

 

この成分を調べてみると、「トウモロコシ成分」というのは「シクデキストリン」というもので、これはトウモロコシのでん粉を原料とする化合物でドーナツのような形をしており、その空洞の部分に臭いの原因分子を包み込んで臭いを抑えるような働きがあるようです。臭いを消すわけではないんですね…

「シクデキストリン分子」

 

この成分自体は特に有害なものではなさそうなのですが…

 

 

怖いのは「除菌成分」です

この「除菌成分」は「4級アンモニウム化合物」といわれるものがつかわれています。この成分は主に、消臭剤やシャンプー、石鹸、食品保存剤などにつかわれているものなのですがその安全性について疑問視されている面もあります。

有名な実験の話ですが

赤ちゃんマウスと大人のマウスにアンモニウム原液を21日間毎日飲ませたところ、赤ちゃんマウスは雄、雌ともに死亡率が35%増加、生き残ったマウスも肝機能障害や血糖の上昇がかくにんされました。雌の場合はさらに卵巣への影響が確認され、流産率増加。雄でも精子異常などの影響がでる。

というデータがあります。(東京健康安全研究センター)

この実験ではマウスを対象にしており、マウスが死んだから人間も極端に危ないというわけではないのでは?しかも、21間も毎日飲ませ続けたら当然何かしらの異常はあるよね?という意見もありますが、結論としては有害で健康被害がおこる可能性があるということです。

また「4級アンモニウム化合物」の特徴として

物質の細胞膜を破壊してしまうという働きがあり人への影響で懸念されるのが

・生殖の異常

・肝機能障害

・アレルギー

・皮膚への影響

・頭痛、めまい

などさまざまな影響があります。

 

注意すべきは噴射時の吸い込む量

大切なのは使用したとしても、いかに吸い込む量を減らすかです。

人が安全に摂取できる量というものは0.15mgだそうですが、これは正式なデータではなく安心できるもではありません。

使用回数、使用量が増えれば増えるほど健康被害へのリスクが高くなります。

特に妊娠中の方、小さいお子さんがいる家庭。ペットなどを買っている場合は注意が必要です。

 

 

メーカーでは人体に影響はないという話ですが、少しでも健康への影響が心配されるものをわざわざつかわなくてもいいですよね(@_@;)

そもそもファ〇リーズを使わなくても、部屋の臭い対策には換気が一番ですし、カーテンは洗えばいいですよね。太陽に照らされて菌を殺すのが一番ですよ!(^^)!

 

 

あとファ〇リーズを調べたときに「除霊」っていうワードがあったんですがこれはなんですかね?(^_^;)スピリチュアル的な効果もあるんでしょうか?笑 興味のある方は調べてみてください

 

 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメント