冬の水分補給は?

健康

 

冬は汗をかかないから水分補給はしなくていい!

そんなことを言う人がいましたが、本当にそうでしょうか?

 

1日に必要な水分量

 

まずは1日に必要な水分量をおさらいしましょう!

 

体重×30ml

体重が60キロの人は1.8㍑必要になります。

 

しかし体重×30mlというのは、1日に必要な最低の量です。

 

内臓に負担がかかっている人では

体重×50ml

必要になります!

 

60キロの人は3㍑必要ということです。

 

 

 

 

お茶とかコーヒーは飲んでいると言う方が多いのですが、それらは利尿作用といっておしっこと一緒に出ていってしまうので中々水分補給にはなりません(・・;)

 

冬の水分補給はどうすれば?

 

では今日の本題の冬場の水分補給のお話です。

 

結論から言いますと、

冬場こそ水分補給が大切です!

 

冬は空気が乾燥しています。エアコンなどの暖房器具でさらに湿度が下がってしまいます。

乾燥した状態では皮膚や粘膜から、自覚がないまま水分が失われる「不感蒸泄」が増えます。

自然と体から水分が失われるため、水分不足の自覚がなくなってしまうのです。

 

また、冬場の水分不足はウイルスや細菌感染のリスクも増えてしまい注意が必要です。

 

 

体から出ていく汗の量はあまり変わらないけど、それを気づきにくいという意味では冬場の水分補給の方が大切と言えます。

 

 

寒い季節もあと2~3ヶ月です。

冬を乗り切るためにもしっかり水分補給をしましょう!

 

 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメント