電磁波に注意

健康

 

危険な電磁波

 

みなさんの最も身近なものであるスマホやパソコン、その他の電化製品などからは

「電磁波」

というものが流れています。

 

人間はこの電磁波が体に溜まってしまうと

・だるさ

・肩こり 

・頭痛

・睡眠障害

・アレルギー

などの症状を起こすこともあり、問題になりつつあります。

 

特に影響を受けやすいのが

脳 脊髄 筋肉 回盲部 

などの部位だと言われています。

 

 

 

特にこの電磁波が強く出ていると言われているのが

・IHクッキングヒーター

・電子レンジ(スマホも電子レンジと同レベル)

・ミキサー

・電気ストーブ

・オーディオ類

・ポットプレート

などで、使用の際は注意が必要です。

 

 

 

この中でも特に身近なスマホについて詳しく見ていこうと思います。

 

スマートホンの場合、アプリの更新やその他の機能が更新されることにより、常に電磁波が飛ばされている状態となっています。

ですから、目覚まし時計のかわりに枕元に置いておくなどの行為はおすすめできません。

 

この電磁波は、今すぐに何らかの影響が出なくとも数年~十数年後に体の不調となってあらわれる可能性があります。

 

 

電磁波による様々な悪影響

 

電磁波の悪影響の一つに細胞の老化があります。

電磁波の影響で体に活性酸素が増え、それが細胞を酸化させて老化につながる可能性があるのです。

特に女性では美容の面でも、スマホを常に持ち歩くことはおすすめできません。

 

妊娠されている方などは特に影響が強く出ると言われています。

 

スウェーデンの研究でのお話ですが、20歳前にケータイやスマホを使い始めた場合、脳腫瘍のリスクが5倍になるというデータもあるそうです。

 

 

 

電磁波を体の外へ出す

 

現代は、日常生活においてこの電磁波の影響をどうしてもうけてしまいます。

でも、安心してください!

体に溜まった電磁波を外に出す方法があります。

 

アーシング グラウンディング

という言葉を聞いたことはありますか?

 

人間は植物や土に触れていると、体の中の悪い電気を除去することができるというものです。

 

 

方法は簡単です!

毎日30分から一時間ほど、素足で地面を歩くだけ

足の裏に地面を接触させるだけで、地球からの電子を取り入れることができてそれが活性酸素を無害にしてくれます。

また地球からのマイナスの電子が体内に流れ込み、体のイオンバランスを改善して電磁波を外に出してくれます。

公園などでの芝生の上よりは砂浜などがより効果的です。

 

もしもそんな時間がない!と言う方は部屋に植物を置くだけでも、電磁波対策になるそうなので、ぜひお試しください。

 

他にも銅板を使って電磁波を除去する方法もあるのですが、またの機会に紹介します。

 

 

スマホ操作のしすぎは電磁波だけでなく、姿勢の崩れなどにも繋がります。

 

まずは枕元にスマホを置かずに、少しずつ改善してみてください。

 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

コメント